就活はとても疲れるものですよね。心身共にクタクタになっている人も多いのではないでしょうか。

ここでは就活で疲れ切ってしまってストレスを抱えている人のために、うまく乗り越えて内定を勝ち取る方法をお伝えしたいと思います。

就活は疲れることがたくさん…!

就活はたくさんの難関が待ち構えています。

エントリーシート

まずエントリーシートの段階から誤字脱字がないように慎重に書くしかないので、神経を使います。

特に、あまり興味のない企業の志望動機を書くときは時間がかかりますよね。

集中力がなくなると、人によっては文字が斜めになったり誤字脱字が増えたりすることもあるようですが、これではエントリーシートが何枚あっても足りません。

説明会

説明会は参加するだけでも交通費や食費がかかるので、貯金もどんどん減っていきます。

説明会には1日2社~3社、まとめて回る人もいますが、朝に1社、昼に1社、夕方に1社なんていうスケジュールだと疲れ果ててしまいます。

そんな日は夜10時過ぎの帰宅になったり、さらにはその後手付かずの卒業論文を書こうとしたり…余裕ない日々となってしまいます。

筆記試験

筆記試験は勉強が苦手な人からしたら、苦痛そのものです。

特に受験勉強をしていなかったり、勉強が好きではなかったりした人は苦戦するかもしれません。

試験の種類も「SPI」「一般常識」「玉手箱」「企業の独自問題」など、企業によって出されるテストの種類が違うので、勉強する量は多くなってきます。

SPI対策はしっかりしていても、一般常識の対策をしていなかったために苦戦を強いられるということもあります。

面接

面接は圧迫面接などを行われると精神がボロボロになりますし、最終面接まで行って不採用の電話が来た時のショックは計り知れないものです。

また対人関係があまり得意ではない人や、緊張しやすいタイプの人は面接がかなりのストレスとなることがあります。

面接前は緊張のあまり嗚咽が出たり、胃腸が痛くなったりするので、トイレに行かざるを得ないという人もいます。

これらの面倒なことの後に、最終面接で落ちた時の破壊力は計り知れないですよね。

最終面接で5社連続落ちてしまった人によると、5社目の最終面接で落ちた時に「もう就活はいやだ!」となり、就活のやる気はゼロになったそうです。

しかし彼は2週間位、ゆっくりと休んだことで気持ちの切り替えができ、彼は最終的に内定を勝ち取ることができました。

就活がしんどいときに乗り越える方法

就活で疲れ切ってしまった時の乗り越え方について、体験を元にご紹介します。

友達とパーと遊び、つらい事を1回忘れる

就活に疲れたら友達とパーと遊ぶのが効果的です。

同じ境遇で内定がまだ貰っていない友達達と「ボーリング」や「カラオケ」に行ったり、東京に買い物へ行ったりして、おもいっきり遊ぶのがおすすめ。

就活ばかりをやっていると、就活のことばかり考えてうまい具合に体が休憩できません。

1回就活の事を忘れて、友達とおもいっきり遊んで心身ともにリラックスをするのはかなり大事です。

ここで大事なのは「内定を貰っていない友人」と遊んだ方が良いということです。

内定を貰っていない友人と遊ぶことによって、就活の愚痴をお互いに言い合えるというメリットがあります。

内定を貰っていない時期に、既に内定を貰っている友人と遊んだのですが「内定を貰っている友人の前で就活の話をしたくない」と私は感じたので、あえて内定を貰った友人とは遊ばないようにしました。

内定を貰ってない友人たちと遊ぶことによって、遊びの合間に「私の短所みんなで教えてよ」「私に合いそうな業界どこだと思う?」「あそこの企業受けた人いる?どうだった?」など、堂々と就活の話ができるので、遊びつつも就活の話ができるという有意義な時間を過ごすことができました。

恋人に生の言葉で応援してもらう

恋人に就活の応援をしてもらうのも効果的です。

彼氏ならば自分の悩みについて親身に聞いてくれるはずですから、彼氏に就活のアドバイスを聞いてみるのも良いです。

彼氏に「自分の良い所」や「悪い所」を聞くのも効果的です。

女性友人から見えている自分像と、彼氏から見えている自分像は若干違ってくるので、男女の意見それぞれを聞くのは「自己分析」を行う上でかなり大事なことなのです。

就活を行うにはモチベーションがとても大切。

就活を行うモチベーションは人によって違いますが「恋人に評価されるため」というのも良いかもしれません。

どうすれば就活がうまくいくかを2chで聞いてみる

2chには多くの就活の掲示板があります。

就活掲示板の他に「人生悩み掲示板」「お笑い芸人掲示板」「資格掲示板」などがありますが、どこも情報量が豊富です。

2chと聞くと「性格の悪い人が多い」「ネガティブな口コミが多い」と感じるかもしれないですが、口が悪い人は実際どこにも少なからずいます。

知人が2chの就活掲示板を使っていた時も、自分の投稿に対して文句を言われる事があったようですが、2chはそういう所と割り切っていたので気にならなかったそうです。

2chは口が悪い人が多いかもしれなませんが、情報量は半端なくあります。

知人も2chで「〇〇の企業の説明会行ったけど面接官の態度が良くなかった」「〇〇の企業は説明会で図書カードくれた!」など有益な情報を多く得られたので、使って良かったと感じたそうです。

2chには多くの就活スレが立っているので、「就活の不満を言い合うスレ」「就活でぶっちした人集合スレ」「まだ内定を貰っていない人のスレ」などを見て「大変なのは私だけではないのだな」と自分を勇気づけることができます。

2chは確かに口が悪いコメントが多いかもしれませんが、裏を返せば「本音で語っている」コメントも多いということですよね。

偽った意見よりも、感情丸出しの2chのような意見の方がリアリティがあって、見ていて面白いかもしれません。

そして2chには性格の良い人もたくさんいます。

就活の悩みに対して真剣に答えてくれる人も多くいますので、もし就活の悩みがある人は、2chで質問をするのも意外とよいかもしれません。

2chは返信が早いことが特徴の1つなので、すぐに自分の意見に対する返信が返ってくるのはメリットですよね。

SNSで愚痴を書いて他の人からメッセージを貰う

「2chを使うのは少し怖いよ!」という人はSNSで就活の愚痴を書くのがオススメです。

「mixi」「Twitter」「Facebook」などのSNSで就活の愚痴を言い、共感してくれたユーザー達がコメントを返してくれるかもしれません。

SNSでも特にFacebookは2chのように匿名性ではなく、自分のコメントに責任が生まれるので荒いコメントはあまり来ません。

もしかしたら、SNSで出会った人が就活仲間になるかもしれません。

他にも、ブログを作って、そこで就活の愚痴を書きまくるのも良いです。

ブログならば、自分の言いたいことを書きまくれますし、広告を載せればお金稼ぎもできます。

キャリアセンターで就活の辛い思いをぶちまける!

大学にはキャリアセンターという就活のサポートのコーナーがあるので、就活で上手く行かなかった時に相談してみるのも良いでしょう。

キャリアセンターの人は相談にのってくれますし、世間話をしつつ就活の話をしたりしてリラックスできると思います。

またキャリアセンターに集まる同じ大学の就活生たちとも色々と出会えるので、横のつながりを広げる事もできます。

人気のない業界から内定をストックしておく

多くの就活生がなぜ疲れるかというと「内定がないので焦っているから」です。

その対策としておすすめなのは「あまり人気のない業界からひとまず内定を貰っておく」という事です。

内定を1つ持っている事で、自分に対する自信にも繋がりますし、何よりも「もし就活失敗しても、内定をもらった所に行けば良いか」とプラスに考えることができるようになります。

これは高校や大学のすべり止めのような物で、精神を安定させるうえでは大切なことです。

ここで心配になるのは「興味のない企業からもらった内定はどうすれば良いの?」という事ですよね。

内定はもらっても、必ずその企業に行かなければいけないというルールは全くありません。

世の中には、複数の企業から内定をもらう人はたくさんいます。

当たり前ですが、複数内定をもらっても行ける企業は1つだけです。

企業側も内定を出した就活生から断りの電話をされるのは慣れているので、内定を出された企業に無理して行く必要はありません。

カラオケでストレス解消

カラオケは密室で大熱唱をできるので、かなりストレスを発散できます。

しんみりした曲を歌っても発散できませんので、ハードロックのような発散できそうな歌詞やメロディーのものを選ぶと良いですね。

最近では一人カラオケがあるので心置きなく大声を出して歌えます。

平日のカラオケは値段もかなり安いですし、ドリンクバーも付いているのでかなりおすすめですよ。

スポーツでストレス発散

スポーツは、気分がスッキリするし、不思議と前向きな気持ちになれるので、就活のストレス解消法としてはとてもおすすめです。

ストレス解消をしつつ体力もつけられて一石二鳥です。

マラソンやランニングはノーコストでできるので財布にも優しいですが、ガッツリ体を鍛えたい人はジムに行くのがおすすめです。

就活を一旦やめ、資格勉強に逃げる

就活に疲れたら、一度お休みして、資格勉強に励んでみるのもよいかもしれません。

就活に使える資格は「TOEIC」「日商簿記2級」などがあるのですが、これらの勉強を行う事によって、就活を休んでいるという自責の念にも襲われないで済みますし、実際に資格を取得した時には社会でかなり役立ちます。

ここで大事なのは、使える資格を選ぶことです。

漢字検定2級なども良いのですが、就活であまり役立つということはないでしょう。

時間を費やすのであれば、就活に使える資格を取った方が効率は良いので、気分転換がてら「TOEIC」「日商簿記検定2級」などの勉強を行うのをおすすめします。

もう既卒で良いやと開き直る

「新卒ではないと良い職場に就けない」という風潮が世の中にはありますよね。

このせいで新卒の就活生は内定が貰えないと「どうしよう、内定がない!」と焦ってしまうのです。

しかし実際の所、新卒で入社してもすぐに辞めてしまう人も世の中にはいます。

新入社員の3割が3年以内に退職をしているデータがありますが、自分に合わない企業に入社してもあまり意味がないのです。

知人で、内定にこだわりすぎて自分に全く合わない業種の企業に入社した人がいます。

内定をもらった当初はものすごく喜んでいましたが、入社1か月で仕事を辞めました。

結果的に「1か月で退職」というデメリットを背負いながら、その後の転職活動を彼女は送ることになったのです。

彼女は「1か月で退職は根性がない人と思われるので、かなり損」と言っていました。

また周りの知人には既卒で就活をした人がとても多かったのですが、その人たちはみな、既卒でも内定を貰う事ができました。

一人は教員免許を獲得して、学校の教師になりましたし、もう一人は公務員試験を受けて1年目で無事合格をし、現在でも公務員として働いています。

他にも資格勉強をして資格を取得後、就活をして無事「大手企業」に入社できた友人もいました。

なので「既卒になったら良い企業に入社するのは難しい」「既卒になったら内定を貰うのは難しい」というのは言い過ぎのような気がします。

頑張りしだいでは良い企業には入れますし、大切なのは「自分に合う企業を見つける事」なのです。

自分に合わない企業に入社しても意味がない!

気分の切り替えも大切で、不採用通知をもらったらあえて「自分とはこの企業は合わなかったから別に良いや」と開き直るようにしてみましょう。

自分に合わない企業に入社しても、すぐに退職をするのがオチですから、落ちたら「もっと自分に合う企業があるから頑張るぞ!」と考えられるようになると良いですね。

そうすると、意外と不採用のダメージは少なく済むのでおすすめです。

真面目な人ほど不採用の結果にショックを受けやすい傾向がありますよね。

初めのうちはそう思ってしまう人も多いかもしれませんが、「自分の魅力に気付かないなんてダメだな!」と開き直れるくらいになるとちょうどよいかもしれません。

就活では「気持ち」が大切で、気持ちで負けたら就活には勝てません。

時には傲慢と言われるくらいになっても良いのではないでしょうか。

大学院や専門学校の情報を得る

就活に疲れたら進学の資料を見てみるのも良さそうです。

大学生の進学先は「大学院」「専門学校」などがありますから、「いざとなったら、こういう道もあるので、就活で失敗しても大丈夫!」と自分を安心させるために読むのです。

まとめ

本当に疲れたら1~2週間くらい就活から離れ、就活のことを忘れてとにかくリラックスしましょう。

リラックスをすることによって就活に関する考え方を整理する事ができ、最終的には内定を勝ち取ることができます。

1~2週間という期間は就活生からしたらかなり長い時間かもしれませんが、決して無駄な時間にはなりません。

就活は「マラソン」のような物で、長い間走りっぱなしではスタミナが切れてしまいます。

程よく「休憩」を入れる事がとても大事なんですね。

真面目な人は「休憩」=「サボリ」と勘違いしてしまいますが、これは大きな間違いで、休憩があるからこそ、次に良いパフォーマンスを行う事ができるのです。

そして、最近の若者は真面目な子が多いです。

なので「就活で失敗したら終わりだー!」と深く考えてしまう子が多いので「就活うつ」を患ってしまう人が増えているのです。

就活は失敗しても、大丈夫です!

女性だったら結婚してしまえば、あとは「主婦兼パート」としてやっていくことだってできます。

就活をするときは「お嫁に行くまでのお金稼ぎ」と軽い気持ちで挑んだ方がリラックスできて、案外ストレスなく内定をもらえたりするかもしれません。


自分らしく働ける理想の会社を見つけたい方へ
「就活を成功させたいけど、具体的に何をすればいいのかイマイチよくわからない」

「周りの友達が内定をもらい始める中、自分だけが取り残されている気がして不安」

「そもそも自分が本当にやりたい仕事がよくわからない」

そのような方におすすめなのが、プロの専任コンサルタントから履歴書・エントリーシートの書き方、面接やグループディスカッション対策などを無料で個別サポートしてもらえる就活サポートサービスです。

中でもAIによる独自のマッチングシステムと就活のプロによる丁寧なカウンセリングで91.7%の内定率を誇る『JobSpring』はおすすめです。

一人ひとりの適性を丁寧に分析して、入社後にいきいきと働けて自分の市場価値を高めることができる職場を選んでもらえるので、早期離職率が0.1%と非常に低いのも特徴です。

『JobSpring』について詳しく知りたい方はこちらをチェックしてみてください。

チェック⇒無料就活サポート『JobSpring』公式サイトはこちら

(*登録すると『03-6261-5989』という番号で『JobSpring』の担当者から折返し電話がかかってくる場合があります。)