就活を何もしていない

 

19卒は、2018年3月からエントリー受付開始し本格的に就活がスタートします。

公務員や大学院進学からの進路変更でこれから就活に取り組む方や、面倒くさくて就活を何もしていないという方は、今からでも間に合うのか不安があることでしょう。

結論から言うと、今からでも間に合います。間に合わせるのです。

就活に向けてやるべきことはたくさんあります。でも、一つ一つしっかりとこなせば、内定をもらえる可能性は十分あります。

今回は、19卒と18卒の方が今から就活を始める場合、何をすべきかを就活スケジュールに沿って解説いたします。

 

 

就職活動は事前準備が重要!今から対策して就活に備えよう

就活は事前準備が重要になります。企業にエントリーする前に、自己分析や業界研究をこなして就活準備を進めましょう。

就活準備は一夜漬けで終わるものではありません。毎日コツコツこなしていく必要があります。どうしてもやる気がでない…という場合でも、とりあえず就活サイトを開いて企業情報やコンテンツを毎日見てみるようにしてください。そうすると、段々やる気が出てきて就活準備への抵抗が少なくなってくるはずです。

19卒の就活は今からでも間に合う?何をすべきか

では早速、19卒の就活スケジュールに沿って就活に向けて何をすべきかを見ていきましょう。

就活本格スタート後から就活を始める場合は、事前準備を効率的に短期間でこなして、エントリーや選考に進んでいくことが必要になります。

 

2018年3月:エントリー受付開始までにやるべきこと

2018年3月のエントリー受付開始までには、自己分析や業界研究、SPI対策など就活の事前準備に取り組みましょう。

自己分析は、自己PRや進路を決める上での土台になるものです。自分が過去に力を入れて取り組んできたことや、努力してきたことを整理して書き出してみてください。

就活では、よく「挫折した経験」を聞かれます。

「挫折」というと大げさですが、「自分で目標設定し、それに向けて努力して、うまくいかなかった場合はどのように改善・反省したか」というエピソードが語ることができれば大丈夫。

採用担当者は、あなたが「仕事でも目標を立てて努力し、改善し続けられる人材か?」ということを見たがっています。

 

過去のエピソードはこの観点から整理してみるといいでしょう。

また、「何をしている時に一番モチベーションが上がるか?」という観点からも自分を振り返ってみてください。

新しいアイディアを考えてチャレンジしてみる時や、細かい作業をコツコツこなしている時など、あなたが「一番モチベーションが上がるポイント」が「仕事でも活かせる強み」になります。

選考であなたの強みを聞かれる理由は、「どのように仕事に取り組むか?どのような仕事に適性があるか?」ということを判断するためになります。

自己分析をする際は、「仕事にはどうつなげられるか?」と常に意識して考えていくと、採用担当者の心を動かす強みを発見することができるでしょう。

 

業界研究は、「業界地図」や「就職四季報」など就活対策本を活用すると効率的です。

1冊の本の中に、業界の特徴や仕事内容、売上高や平均給与など一通りおさえておくべき項目が網羅されています。

大学で開催される業界研究セミナーに参加するのもいいでしょう。実際にその業界の企業が講演に来てくれるケースもあるので、よりリアルな業界情報を得ることができます。

 

一度に複数の業界を研究できるので、合同企業説明会に参加することもおすすめします。

興味のある業界だけでなく、意識的に知らない業界やあまり興味のない業界も見ていくようにしてください。

社員から話を聞くことで、思わぬ面白さや適性を発見できる可能性があります。

 

志望業界は絞りすぎず、幅広く見ていくことが重要です。

志望業界を一つに絞ってしまうと、万が一業界との相性が悪かった場合に内定が得られない可能性があるのと、他の業界を見なければならないのにモチベーションが上がらず就活を失敗してしまう可能性が高いからです。

視野を広くして、幅広い業界に興味を持つようにしましょう。

 

SPI対策は、毎日少しずつ取り組んで問題に慣れていく必要があります。SPI対策本やサイトをチェックして、目標とスケジュールを立てて問題をこなしていきましょう。

時事一般常識問題も就活で頻出する問題です。新聞・テレビのニュースやニュースアプリをチェックする習慣をつけて、とくに話題になっているニュースはしっかり概要をおさえるようにしておきましょう。

 

2018年5月:選考開始直前までにやるべきこと

2018年5月までは、企業にエントリーして履歴書やエントリーシートの作成に取り組みましょう。

エントリー先企業は、大手企業だけでなく中堅・中小・ベンチャー企業まで幅広く選ぶようにしてください。

とくに、中小・ベンチャー企業は6月の面接開始前に選考を始める企業も多いため、本命企業の選考前に実際の面接を体験することもできます。

また、エントリー先企業を選ぶ際は「自分が絶対に譲れない軸」を決めておくといいでしょう。

仕事への取り組み方や社員の関係性、女性が働きやすい福利厚生など、最も大切にしたい軸を1つ選びます。

そこが、あなたが重視する価値観なので、そこのミスマッチが少ない企業であれば入社後もギャップが少なくイキイキと働けることでしょう。

 

履歴書やエントリーシートの志望動機は、業界ごとにフォーマットを作成しておくと効率的に作成できます。

しかし、すべての企業で同じ文章をコピペし使いまわしてはいけません。

最後の部分に、その企業が競合他社とどう違い何に魅力を感じたのか、ということを付け加えるとオリジナルな志望動機になります。

 

また、6月から始まる面接に備えてビジネスマナーを身につけることをおすすめします。

大学のビジネスマナー講座に参加したり、短期インターンシップに参加したりして、実践を通して自然な所作やメール・電話の対応が身につくようにすべきです。

友だちや先輩と協力して練習に取り組むのもいいでしょう。

スマートな所作やメールでの回答が実践できると、採用担当者が受ける印象も格段に上がります。

ビジネスマナーは社会人になってからも使うので、今のうちに身につけておくと入社後もライバルに差をつけることもできます。

普段の生活から意識して、自然にこなせるまでに持っていけるとベストです。

 

2018年6月:選考開始のタイミングでやるべきこと

2018年6月からは面接や選考が本格的にスタートします。

面接は数をこなせばこなすほど慣れて、回答もブラッシュアップできるので、面接後は改善点を見直すようにしましょう。

そうすると、内定獲得の可能性もグッと上がります。

 

面接がスタートしてからも、定期的に就活サイトをチェックして追加でエントリーしていくことをおすすめします。

選考がうまくいかなかった場合、選考がすべて終わってからエントリー企業を探しても志望業界の企業がエントリーを締め切っていたり、候補になる企業が少なかったりして、持ち駒が増やせなくなる可能性があります。

常に先を見越して、一歩先の行動を心がけましょう。

 

2018年7月:就活後半戦でやるべきこと

2018年7月からは就活後半戦がスタートします。企業の採用担当者は、新卒の採用人数にノルマを持っています。

就活前半戦に採用人数に達しなかった企業は、就活後半戦に再度エントリー受付を再開します。

なので、エントリー先企業が増える可能性が高いのです。

 

就活前半戦に採用活動が完了する企業は、大半が有名な大手企業です。

知名度はないけれど優良な中堅・中小企業や、BtoBなど身近ではないけれど優良業界の企業は、就活後半戦でも積極的に採用活動をしているケースが多いです。

就活後半戦では業界のイメージや知名度にとらわれず、自分の価値観にマッチした企業に幅広くエントリーしてみましょう。

企業説明会が開催されている場合は、積極的に参加すべきです。

そうすることで業界や企業のイメージが具体的になりますし、実際に社員と話すことで志望度も高まるはずです。

 

2018年8月:夏休み期間にやるべきこと

2018年8月の夏休み期間には、もう一度自分の就活の軸を振り返ってみるといいでしょう。8月のお盆時期は企業も夏休み期間であるケースが多く、選考は一旦ストップします。

目まぐるしい就活中の、つかの間の休息期間。その時間を利用して、じっくり自分の就活を見直してみてください。

 

選考が思ったように進まないのであれば、どこに課題があるのか。書類選考の通過率が悪ければ、履歴書やエントリーシートを添削してもらうべきです。

面接がうまくいかないのであれば、キャリアセンターなどに相談し模擬面接に協力してもらいましょう。

最終面接で落ちてしまうのであれば、決定打となる情熱が足りていないとみなされているのかもしれません。

選考前にはOB・OG訪問をして、再度情報収集と動機形成に取り組むといいでしょう。

 

このように、就活後半戦では今までに出た課題を改善していくことが重要になります。

過去の選考は忘れたい、目を背けたいという思いはよく理解できますが、踏ん張って振り返り改善することで内定が近づきます。

 

2018年9月:内定式直前にやるべきこと

通常、内定式は2018年10月1日頃に実施されます。

2018年9月は内定式前の最後の月です。先ほども述べた通り、採用担当者は採用人数のノルマがあります。

内定式までに何人採用できたかで採用担当者の社内評価が決まるので、2018年9月は最後の採用駆け込みの「秋採用」が始まるタイミングになります。

 

この時期に積極的に採用している企業を見つけるには、合同企業説明会に参加することをおすすめします。

就活後半戦の合同企業説明会は、企業も積極的に採用活動をしているので選考に直結するケースが多いです。

書類選考がうまくいかない方は、この機会にしっかり自己アピールするといいでしょう。

 

 

時間がない!就活のスタート時期が遅くなった場合は

就活は時期によって戦略が変わります。就活スタート時期が遅くなってしまったとしても、自己分析と業界研究はしっかりと取り組みましょう。

選考期間がスタートしており時間がない場合は、選考と同時進行で準備を進めていきましょう。

事前準備が完了してから動き始めると、エントリー先企業が見つけられなくなってしまう可能性もあります。

しかし、あなたの強みを誠実に伝えれば、あなたに魅力を感じてくれる企業はきっとあるはずです。

「仕事にどんな姿勢で取り組むか?どんな仕事に適性があるか?」ということを採用担当者にイメージしてもらえるよう、自己PRしていきましょう。

18卒の就活は今からでも間に合う?何をすべきか

18卒の方で、留学や進路変更で今から就活を始める方もいるかと思います。

卒業までに内定を獲得するためには、就活サイトを利用するだけではなく、新卒エージェントサービスや合同企業説明会など、複数のサービスを活用することをおすすめします。

キャリアセンターや新卒エージェントサービスの就活アドバイザーに協力してもらい、履歴書や面接などの選考対策を行ってもらいましょう。ぶっつけ本番で選考に挑むよりも、事前に課題点をフィードバックしてもらい対策した方が効率的に選考を進めることができます。

また卒業までに内定がでなかった場合、既卒もしくは就職浪人をするという選択肢になります。どちらにもメリットデメリットがありますので、あなたの状況に応じて判断するようにしてください。

では、これから詳細を見ていきましょう。

2018年1月~3月:卒業までにやるべきこと

2018年1月~3月までの、卒業までの期間はとにかく企業にエントリーして選考を受ける機会を作りましょう。

この時期に就活サイトに掲載されている企業は、採用に苦戦しており積極的に採用活動を行っている企業である場合が多いです。

しかし、一見エントリー受付中に見えても実際は募集を締め切っていた、という企業も掲載されているケースがあります。

就活サイトを見る時は、「企業情報の最終更新日」や「企業説明会の開催状況」をチェックして今も募集しているかを、念のため確認しておきましょう。

 

新卒エージェントサービスに登録すれば、就活アドバイザーが担当についてくれて就活の相談や選考対策にも応じてくれます。

また、就活サイトには掲載されていない非公開求人も保有しているため、思わぬ優良企業を紹介してくれることもあり得ます。

エントリー企業の選択肢を増やすためにも、選考をスムーズに進めるためにも、積極的に活用しましょう。

 

合同企業説明会や就職面談会など、書類選考なしで複数の企業の採用担当者と会えるイベントに参加することもおすすめします。

複数の企業を一度に見ることができるので時間の短縮にもなりますし、人柄をまず知ってもらえるため選考を前向きに進めることができる可能性もあります。

このようなイベントは大小さまざまな規模で開催されているので、キャリアセンターやインターネットを活用して情報収集するようにしましょう。

2018年4月以降:卒業後にやるべきこと

企業から内定を得ず卒業すると、「既卒」という立場になります。卒業までに就活がうまくいかず、既卒になってしまったとしても安心してください。

近年、人手不足と採用難が続いているので、既卒・第二新卒といった若手人材の存在に注目が集まっています。

既卒向けの就活サービスも数多く出ており、そこには既卒を積極的に採用している企業だけが紹介されています。

 

場合によっては、新卒向けの就活サイトよりも既卒向けの就活サービスの方が、人気業界やいい条件の企業を取り扱っているケースもあります。

既卒になっても諦めずに、納得のいく就職が実現するよう行動しましょう。

また、卒業後にも大学のキャリアセンターを利用することができます。

既卒向けの求人を紹介してくれる場合もあるので、気軽に相談してみるといいでしょう。

 

既卒と就職浪人、どちらがいいか?

卒業までに内定が得られなかった場合、そのまま卒業して「既卒」になるか、就活のために留年して「就職浪人」になるか、という選択肢があります。

「既卒」になると、基本的に中途採用である既卒枠で就活することになるので、新卒採用のみ行っている企業への就職は難しくなります。

しかし最近は、知名度は低くても条件がホワイトだったり仕事内容が面白かったりする優良企業が既卒採用を行っているので、既卒枠での就活でも納得のいく企業に入社することができるでしょう。

憧れの企業がある場合は、一旦同業界の別企業に入社してキャリアを積み、のちにキャリアアップ転職するという選択肢もあります。

 

「就職浪人」になると、もう一年大学生として生活することになるので新卒として再度就活に挑むことができます。しかし、言うまでもなく一年間分の大学費用が追加でかかることになり、経済的な負担が大きくなります。

企業からは「留年した」と見られてしまうので、就職浪人になった理由を明確に答えられないといい印象を与えることができません。

新卒採用しかしていない企業にどうしても入社したいなど、強い意思とこだわりがない限りは就職浪人になる選択肢はあまりおすすめできません。

 

既卒になるか就職浪人になるかは、就職先へのこだわりや経済状況など、あなたの状況に応じて判断する必要があります。

経済的に支援してくれている親にも影響することなので、しっかりと話し合った上で決めるようにしましょう。

 

 

就活は時間との勝負!スケジュールをしっかり立てて取り組もう

就活は時間との勝負です。しかし、就活を始めるタイミングが遅くなったからといって諦める必要はありません。

スケジュールを立ててしっかりと対策に取り組めば、きっと内定をゲットできるはずです。

大学卒業後に就職を希望する場合は、できるだけ早く行動すると就活も有利に進めやすくなります。

「今から就活し始めてもどうせ…」と悩む暇があったら、とりあえず行動してみましょう。

 

また、もし既卒になったとしても就職できない訳ではありません。現在は企業の採用も多様化しています。

思いつめすぎずに、とにかく行動してみることで道は開けるでしょう。

あなたの魅力を欲している企業は、必ずあります。

困った時にはキャリアセンターやエージェントのアドバイザーに相談したり、たまには息抜きしたりしつつ、前向きな気持ちで就活に取り組みましょう!

 

【この記事を書いた人】
山岡理帆

転職サイトのWebディレクターを約5年間経験し、現在はキャリアに関するコラムを中心に執筆しているフリーライターです。
旅行とグルメが大好き。夫婦でフリーライターやってます。

 


自分らしく働ける理想の会社を見つけたい方へ
「就活を成功させたいけど、具体的に何をすればいいのかイマイチよくわからない」

「周りの友達が内定をもらい始める中、自分だけが取り残されている気がして不安」

「そもそも自分が本当にやりたい仕事がよくわからない」

そのような方におすすめなのが、プロの専任コンサルタントから履歴書・エントリーシートの書き方、面接やグループディスカッション対策などを無料で個別サポートしてもらえる就活サポートサービスです。

中でもAIによる独自のマッチングシステムと就活のプロによる丁寧なカウンセリングで91.7%の内定率を誇る『JobSpring』はおすすめです。

一人ひとりの適性を丁寧に分析して、入社後にいきいきと働けて自分の市場価値を高めることができる職場を選んでもらえるので、早期離職率が0.1%と非常に低いのも特徴です。

『JobSpring』について詳しく知りたい方はこちらをチェックしてみてください。

チェック⇒無料就活サポート『JobSpring』公式サイトはこちら

(*登録すると『03-6261-5989』という番号で『JobSpring』の担当者から折返し電話がかかってくる場合があります。)