「就活のプレエントリーっていつから始まるの?」

「プレエントリーは、まだ間に合うの?」

今回はそんな疑問をお持ちの就活生の皆さまに向けて、就活プレエントリーの時期や効果的なタイミングをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

プレエントリーってどんなもの?いつから始まるの?

就活のプレエントリーに関する疑問-イメージ

プレエントリーは企業に対する「資料請求」

そもそもプレエントリーとはどういうものなのでしょうか?

「説明されなくても当たり前のように知っているよ!」と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、プレエントリーのことをしっかりと把握しておく必要があります。

プレエントリーはあなたの情報を企業に登録することで、選考に関する資料をもらうためのものです。

つまり、企業に対して「私はあなたの会社に興味がありますので、ぜひ選考にあたって必要な情報を教えて頂けないでしょうか?」とアピールするためのものなんです。

“エントリー”という言葉が付いているため、勘違いしてしまいがちですが、簡単に言ってしまえば資料請求ですね。

そして資料請求をした結果、「あなたにぜひ見てもらいたい」となった場合に、エントリーのための情報がもらえるようになっています。

就活を行うときにはまず、プレエントリーを行わなければなりません。

就活が始まるとプレエントリーをしておかないと、企業の選考情報をもらうことはできませんので、必ず登録しておきましょう。

プレエントリーは企業によって、内容が異なります。

アンケートレベルのものであれば選考には直接関係ないかも知れません。

しかし、通常のエントリーシートと同じぐらいの文字数を記入しなければいけないものもありますので、こちらは選考基準になっている可能性は高いでしょう。

プレエントリーはいつから始まるの?

しかし、プレエントリーが開始されるタイミングやプレエントリーの締め切りタイミングを知っておかないと、効果的な就活を行うことはできません。

まずはレエントリーの開始時期についてご紹介していきましょう。

みなさんは2018年から就職活動のスケジュールが変更したことはご存知ですか?

これまでの開始と比べると2ヶ月早くなり、選考を開始する期間も早くなってきています。

8月から選考活動が本格的に始まっていたのが、6月から開始されることになりました。

そのため、エントリーシートや企業研究に対する活動時間は短くなる可能性が高いです。

採用情報の公開は3月からになっていますので、プレエントリーを行えるのも3月からということになります。

しかし、就職活動は準備に時間が掛かってしまいますので、早めに準備をしなければプレエントリーを行える期間が遅くなってしまいます。

プレエントリーを行わなければ、就職活動を進めることはできませんので、前もって準備しておくことが大切ですね。

プレエントリーはいつまで登録できるの?

企業によってプレエントリーの期限はそれぞれ違います。

「厳密にいつまで登録できるのか?」というと明確な期限はありません。

しかし、プレエントリーは選考を受けるためのものです。

そのため、選考がある程度進んだ後には、プレエントリーを行うことはできません。

選考の途中からプレエントリーを提出したところで、選考に参加することは不可能です。

そのため、エントリーが始まるまでがプレエントリーの期間と考えるとわかりやすいですね。

つまり、プレエントリーは早めに行っておかなければいけません。

企業の選考に進むためには、企業の説明会を受ける必要がある場合が多いです。

説明会を受けるためには、プレエントリーをしておかなければいけませんので、早めに登録しておくようにしておきましょう。

プレエントリーを済ませておけば、説明会の登録は通知されますので、チャンスを逃さないようにしてくださいね!

プレエントリーの効果的なやり方って?キャンセルや放置はどうなるの?

就職活動においてプレエントリーをしなければ、就職活動は何も始まりませんね。

それでは、プレエントリーはどうやって行えば良いのでしょうか?

プレエントリーの方法!

プレエントリーのやり方はいたってシンプルです。

  1. 企業のホームページにアクセス
  2. 採用情報をアクセス
  3. 新卒採用ページにアクセス
  4. プレエントリーにアクセス
  5. 個人情報を登録する

しかし、様々な企業に登録するときには、プレエントリーを順番に行っていては時間がいくらあっても足りなくなってしまいますね。

より効率的にプレエントリーを行うのなら、就活サイトを利用してプレエントリーを行っていくと良いでしょう。

企業によっては就活サイトからプレエントリーを募集しているところもあり、就活サイトに登録していなければ、プレエントリーに登録できない場合もあります。

ただし、説明会の予約が3月1日の0時から受け付けている企業もあり、早い者勝ちになっている企業もあります。

そのため、受けたい企業のホームページは事前に把握しておくことが大切ですね。

プレエントリーのキャンセル・放置はどうなるの?

多くの企業にプレエントリーをして、ある程度就職活動を進めていると、行きたい企業が決まってしまう場合がありますね。

そうなったときにプレエントリーは取り消しができるのでしょうか?

通常のプレエントリーであれば問題ありませんが、インターンシップのプレエントリーの場合には、「企業に迷惑が掛かるのでは?」と考えてしまいますよね。

結果から言えば、プレエントリーはキャンセルすることはできません。

「それじゃあ行くしかないのかぁ」と思ってしまうかも知れませんが、実はプレエントリーは行きたくない場合は放置しても大丈夫です。

もちろん面接や説明会が決まっている状態の場合には、事前に連絡をしなければなりません。

しかし、プレエントリーは企業に対して資料請求を行っただけです。

エントリーの場合にも同じで、面接や説明会などの参加日程が決まっているものでないのなら、そのままにしていても問題はありません。

どんな企業にプレエントリーすれば良いの?

みなさんはどんな企業にプレエントリーをするか決めていますか?

「どんな企業にプレエントリーをすれば良いのかわからない」と感じる方はいるかも知れませんね。

そんな時には、合同説明会に参加してみましょう。

代表的な就活サイト「リクナビ」「マイナビ」などでは合同説明会が開かれていますが、多くの企業が集まって説明をしてくれる便利なイベントですね。

あなたの行きたい業種や仕事が決まっていないのなら、合同説明会に参加して方向性を固めてみましょう。

また、業界の特徴がまとめられた本を読んでみるのも良いですね。

多くの企業の体験談やこれまでの歴史や発展の仕方について書かれていますので、興味のある分野かわかるようになりますね。

専門学校や大学で合同企業説明会が行われることもありますし、大学には就職支援課が設置されていますね。

就職活動におけるエントリーシートや面接の練習が行えますので、しっかりと活用するようにしておきましょう。

就職活動はあなたの人生を決めることになる大きなイベントです。

そのため、あなたが興味を持ててやってみたい業種をじっくり選ぶことが重要です。

就活で電話が掛かってきたときはどうすればいいの?

プレエントリーやエントリーを行っていると、電話番号を登録することになります。

企業から直接電話が掛かってきたときには、どういう対応をすれば良いでしょうか?

就職活動ではマナーのことを考えておかないといけませんので、電話の対応方法も考えておかなければなりません。

就活の電話対応をする時のポイントは「明るさ」が重要にです。

電話で元気がないと、相手の印象は良くなりません。

「この子はやる気があるのか?」「ちょっと暗くて元気がない子だなぁ」と感じられてしまいます。

そのため、男性女性問わずに明るく元気な声で対応した方が好ましいです。

ワントーン高い声で電話をすると、はきはきと話している印象を与えられるようになります。

また、企業から電話が掛かってきたときはまだ良いのですが、こちらから電話を掛けるときには、就職活動をしているということは相手に伝えなければなりません。

名乗られたとしても、取引先と思われるかも知れませんし、企業に混乱を与えてしまいますね。

しっかりと就職活動をしていることと名前を伝えるようにしなければなりません。

さらに、名前を伝えた後には「お世話になっております」と言うようにしておきましょう。

これは基本的なビジネスマナーになりますので、どんな企業に対してであっても、必ず言うように意識しておきましょう。

「今、お時間よろしいでしょうか?」という一言もビジネスマナーの基本となってきます。

こちらの都合で電話しているときには、企業のことを考えてあげなければなりません。

もし忙しくなかったとしても、しっかりとビジネスマナーが身に付いているなと思わせることができますね。

企業から電話が掛かってきて、どうしても電話で話すことができない状態なら、一度電話に出てから「折り返しお電話致します」と伝えましょう。

ちょっとしたことですが、ビジネスマナーは大事なポイントになってきますので、身に付けておきましょう。

基本を押さえて就職活動を有利に行おう!

就職活動は今後のあなたの人生を左右する大きなイベントです。

そのため、就職活動の基本を押さえておかなければ、有利に就職活動を行うことができませんよね。

その中でもプレエントリーは、就職活動を行うための最初の一歩となります。

プレエントリーの重要性や特徴をしっかりと把握して、効果的な就職活動を行っていかなければなりません。

もしも就活で迷ってしまうことがあれば、今回の記事を参考にしてもらえたら幸いです。

プレエントリーの時期や効果的なやり方を身に付けて、大事な就職活動を有利に進められるようにしていきましょう!

【この記事を書いた人】
大学卒業後、転職を繰り返して現在はフリーライターとして活動中。自らの就職活動の経験と様々な業界で学んだ知識から、就活生に向けて「何か一つでも就活に有利になる内容をわかりやすく伝えたい」という意識で記事に取り組んでいます。

自分らしく働ける理想の会社を見つけたい方へ
「就活を成功させたいけど、具体的に何をすればいいのかイマイチよくわからない」

「周りの友達が内定をもらい始める中、自分だけが取り残されている気がして不安」

「そもそも自分が本当にやりたい仕事がよくわからない」

そのような方におすすめなのが、プロの専任コンサルタントから履歴書・エントリーシートの書き方、面接やグループディスカッション対策などを無料で個別サポートしてもらえる就活サポートサービスです。

中でもAIによる独自のマッチングシステムと就活のプロによる丁寧なカウンセリングで91.7%の内定率を誇る『JobSpring』はおすすめです。

一人ひとりの適性を丁寧に分析して、入社後にいきいきと働けて自分の市場価値を高めることができる職場を選んでもらえるので、早期離職率が0.1%と非常に低いのも特徴です。

『JobSpring』について詳しく知りたい方はこちらをチェックしてみてください。

チェック⇒無料就活サポート『JobSpring』公式サイトはこちら

(*登録すると『03-6261-5989』という番号で『JobSpring』の担当者から折返し電話がかかってくる場合があります。)