就活の効率的なやり方

 

2019年卒の新卒の就職活動は、2018年3月から本格的にスタートします。

「就活、うまくいくかな…」「そもそも、就活では何をどうすればいいんだろう?」

と不安な方も多いのではないでしょうか。

就活前は不安で焦る気持ちばかり先行しがちですが、焦っていても何も前に進みません。戦略を立ててしっかり事前準備をすることが、就活を効率的に進めるカギになります。

今回は、2019年卒の就活生と既卒・フリーターの方が、就活を効率的に進める方法を解説いたします。

 

 

就職活動を効率的に進める方法とは?

2019年卒の就活が本格的にスタートすると、エントリー、履歴書・エントリーシート提出、面接…と毎日やることが山積してしまいます。

就活スタート後に対策を始めてしまうと、目の前に迫る締め切りに追われて対策が中途半端になってしまうでしょう。そのためにも、就活スタート前の準備期間にしっかりと対策をすすめるべきです。

まずは就活のスケジュールをおさえて、いつまでに何をやっておくべきかを考えてみましょう。自己分析、業界研究、インターンシップ、OB・OG訪問は就活スタート前の時間に余裕のある時に取り組むべきです。

また、就活スタート後は時間を効率的に使っていくことが重要になります。

そのためにも、選考前に企業を詳しく知ることができる企業説明会を有効活用しましょう。

既卒・フリーターの就活は、人事担当者の新卒採用の動きを見据えて戦略的に行動することがコツです。

ここからは、就活を効率的に進めるためのポイントを詳しく見ていきましょう。

 

新卒の就活生が2018年3月のエントリー開始までにやっておくべきこと

2018年3月から、就活サイトや企業ホームページより企業にエントリーすることができるようになります。

就活が本格スタートするまでには、企業選びや選考の土台を作るための事前準備を行いましょう。

効率的に就活を進めるための事前準備でやるべきことを解説していきます。

 

自己分析をして、自分の特性を把握する

就活で何よりも重要になるのが、自己分析です。

進むべき進路や自己PRも自己分析を元に考える必要があります。

自己分析のために、まずは「自分は何をしているときにテンションがあがるか?」ということを考えてみましょう。

仲間と一緒に同じ目標に向かって頑張っているとき、コツコツと趣味のものづくりに取り組んでいるとき、未知の世界に飛び込んで新しい発見をするとき。

人それぞれ、色々な「テンションが上がるポイント」があると思います。

その特性が、あなたの仕事の適正でもあるのです。

人生の多くの時間を費やすことになる仕事ですので、自分の適性にあった仕事を選びたいですよね。

好きで取り組んでいることと作業内容は違えど、テンションが上がるポイントをおさえた仕事に就けば、楽しく仕事に取り組める可能性が高いです。

まずは自分自身の特性を把握して、どういう仕事に向いているかを考えるようにしましょう。

 

「業界地図」や「就職四季報」、「SPI対策」の本を読んで業界・企業研究する

自己分析が完了したら、「業界地図」や「就職四季報」などの本を使って業界研究をしましょう。

「業界地図」とは、各業界の仕事内容や売上高、他業界との関係性などが網羅された業界研究には欠かせない本です。

食品業界や不動産業界など、普段接する機会が多くCMでもよく見る業界は業界研究しなくてもある程度イメージがしやすいと思います。

しかしIT業界や資源業界など、なじみはなくても安定している隠れた優良業界も数多くあります。

まずは、「業界地図」でどんな業界があるのかを把握し、自分の適性が活かせそうな業界を見つけてみましょう。

業界が把握できたら、次は「就職四季報」を使って企業研究をしましょう。

「就職四季報」とは、企業ごとの特徴や売上高、選考の内容や給与体系といった、就職に役立つ情報が網羅された本です。

業界ごとに傾向があるとはいえ、企業によって社風やビジョン、選考内容、売り上げ状況は様々です。

「就職四季報」で気になる業界の企業をチェックし、それぞれの違いに注目してみてください。

「SPI対策」も就活準備期間中に進めておきましょう。SPI対策は、一夜漬けでは難しいです。毎日コツコツこなしていく必要があります。

SPI対策の本は色々な種類が販売されています。実際に本屋で手に取ってみて、自分にとって使いやすい本を購入しましょう。

 

インターンシップに参加して、ビジネスマナーを身につける

インターンシップに参加すると、業界や仕事のリアルな姿が分かるだけでなく、電話やメールのマナーや社会人との話し方など、ビジネスマナーも身につけることができます。

就職活動で面接官が注目するビジネスマナーは、一日二日で身につくものではありません。就活準備期間に少なくとも一度はインターンシップに参加して、会社での働き方を経験しビジネスマナーを身につけることをおすすめします。

また、大手企業のインターンシップだけでなく中小・ベンチャー企業のインターンシップにも目を向けてみましょう。

規模の小さい企業の方が、戦力としてよりレベルの高い仕事を任せてもらえる可能性が高いため、社会人の生活を体験するにはぴったりです。

時間に余裕があれば、気になる業界以外にも様々な業界のインターンシップに参加してみましょう。

仕事に対する視野が広がりますし、意外な適性を発見できる可能性があります。

就活準備期間は、自分の可能性を広げる絶好のタイミングです。

業界を絞りすぎず、まずは色々な業界を見て自分とマッチした企業に入社できるように準備しましょう。

 

OB・OG訪問をして、企業研究する

OB・OG訪問も時間に余裕がある就活準備期間に実施することをおすすめします。

就活が本格的にスタートすると、OB・OG訪問の予約が殺到し先輩社員にアポが取りづらくなる可能性もあります。

また、就活スタート前にOB・OG訪問をして企業研究をすれば、エントリー先を効率的に選ぶことができるようになります。

OB・OG訪問は、先輩社員が忙しい仕事の合間を縫って協力してくれるものです。

企業の基本情報は抑えた上で、実際に働いている社員だからこそ分かる仕事のやりがいや社風について詳しく聞いてみましょう。

給料や福利厚生も気になるところですが、そればかり聞くのは失礼にあたります。

まずは企業の特徴や強みについて質問し、最後に条件面について聞くようにしてください。

また、OB・OG訪問は平日にアポをとるようにしましょう。土日は先輩社員も仕事が休みであるケースが大半で、予定もあることですし休みの日をOB・OG訪問で拘束してしまうのは避けるべきです。

「自分が先輩社員の立場ならどう思うか?」ということを考えて行動しましょう。

 

 

新卒の就活生が2018年3月の就活スタート後はどうすればいいか

2019年卒の新卒の就活生は、2018年3月にエントリー受付が開始され、2018年6月から選考が本格的にスタートします。

就活がスタートすると、履歴書やエントリーシートの締め切り、面接の予定が一気に埋まることになるでしょう。ここからは時間との勝負です。時間を無駄にせず動くことで、内定ゲットにも近づきます。

では、効率的に就活を乗り切るためにはどうすればいいのでしょうか?

 

業界ごとに志望動機のフォーマットを作る

履歴書やエントリーシートで作成に時間がかかるのが、志望動機欄。志望動機の作成を効率化するために、業界ごとにある程度のフォーマットを作ってしまいましょう。

志望動機のフォーマットでは、「業界地図」などでおさえた業界の特徴を踏まえてその業界を志望した理由を記載し、「就職四季報」やインターンシップでおさえた企業ごとの特徴を記載し、「なぜその企業なのか?」という理由を説明することをおすすめします。

言うまでもないですが、どの企業でも同じ志望動機をコピペして使用すると面接官は必ず見破ります。

そのためにも、準備期間での企業研究が重要になるのです。

成長性や業界内でのポジション、競合他社との違いや強みを根拠に伝えれば、オリジナルな志望動機になり面接官にも好印象を与えることができます。

 

複数の企業にエントリーする

「絶対にこの企業じゃなきゃ嫌なんだ!」と、1、2社だけにエントリーすることはおすすめしません。

その企業の選考がうまくいかなかった場合、他のエントリー企業を探し始めるタイミングには大半の企業がエントリー受付を終了させていた、となってしまう可能性が高いです。

第一志望の企業以外にも、同じ業界の中堅・中小企業や別の業界など、幅広くエントリーするようにしましょう。

新卒の就活生のエントリー数は一般的に「40~50社」と言われています。

就活を効率的に進めるためにも、持ち弾を切らさないよう先を見越してエントリーするようにしてください。

 

合同企業説明会に参加する

合同企業説明会に参加すれば、一度にたくさんの企業の人事担当者と話すことができます。

選考前に気軽に話すことができるので、エントリー前に社風や企業のリアルな情報を知ることができます。

エントリー先企業を効率的に探すためにも合同企業説明会に参加してみましょう。

また、合同企業説明会の会場には様々な業界の企業がブースを出しているので、まったく興味がなかったけどたまたま通りがかった企業が魅力的で志望業界・企業に加わる、というケースも多々あります。

1日で数十社の情報を仕入れられるので、時間も有効活用できます。合同企業説明会は基本的に選考には関係がないので、気軽な気持ちで足を運んでみてください。

 

1日で個別企業説明会に複数参加する

個別企業説明会の予定は、できるだけ1日にまとめる方が効率的です。

1日でまとめて参加した方が交通費も安くすむ場合が多いですし、移動時間も短縮できます。

それに、一度外出すると時間も体力も奪われるので、履歴書やエントリーシートを書くのが辛くなりやすいものです。

個別企業説明会に参加する日と、履歴書やエントリーシート作成に集中する日を分けてみるのもいいかもしれません。

 

 

既卒・フリーターが効率的に就活を進める方法

正社員としての就業経験のない既卒やフリーターの方は、人事担当者の年間の採用スケジュールを見越して就活をすると効率的です。

日本の企業は新卒採用をベースにしているところが大半なので、人事担当者も新卒採用のスケジュールに合わせて活動します。

では、既卒やフリーターの方はどうすれば効率的に動けるのか、就活の方法を見ていきましょう。

 

新卒の就活がピークのタイミングは避ける

2019年卒の就活は、2018年3月にエントリー受付スタート、6月に選考スタートというスケジュールで動きます。

なので、2018年1月後半から2月にかけて新卒採用の準備がはじまり、8月中旬ごろまで新卒の採用活動に忙しくなる人事担当者が大半です。

とくに、2018年6月は新卒採用の選考のピークになります。

この時期に既卒・フリーターが就活をすると、ライバルが新卒の学生になります。

なので、できるだけ新卒採用のピークを避けて企業にエントリーした方が有利に進めやすくなります。

秋から冬にかけては、新卒採用が落ち着き追加の人員を募集する企業も増えるタイミングです。秋から冬はライバルも少なくなるので、既卒・フリーターの就活時期としてはおすすめです。

 

既卒・フリーター向けの求人サイトを活用する

新卒の就活サイトでは既卒・フリーターを募集する企業も掲載されていますが、ライバルが新卒学生になるので不利になってしまう可能性が高いです。

一方、既卒・フリーター向けの求人サイトだと、同じ境遇の人がライバルになるので同じ土俵で戦うことができます。

また既卒・フリーター向けの求人サイトなら、掲載しているタイミングで積極的に人を募集しているので、新卒採用のスケジュールは考慮しなくても問題ありません。

新卒向けの就活サイトだけでなく、既卒・フリーター向けの求人サイトを活用して効率的に内定を獲得しましょう。

 

既卒・フリーター向けのエージェントを活用する

既卒・フリーター向けのエージェントサービスであれば、既卒・フリーターを採用している企業を紹介してもらえるだけでなく、就活の相談や選考の対策にも対応してもらうことができます。

既卒・フリーターでの就活の進め方に不安がある方は、エージェントサービスにも登録して就活アドバイザーに相談してみましょう。

求人サイトには掲載されていない非公開求人も保有しているので、思わぬ優良企業を紹介してもらえる可能性も高いです。

既卒やフリーターの方は、複数のサービスを活用して戦略的に行動することで、就活を効率的に進めることができます。

 

 

スケジュールを立てて戦略的に行動しよう!

就活は、事前準備と時間の有効活用が重要になります。

しっかりとスケジュールを立てて、いつ何をやるべきなのかを洗い出しましょう。

そして、時間を有効活用すべく戦略的に行動することで、ライバルにも大きく差をつけることができます。

 

2019年卒の新卒の方は、まずは本やインターネットを活用して自己分析、業界研究に取り組み、インターンに参加するなどして企業理解を深めてください。

そうすることで、就活本番を迎えても焦らず着実に就活をこなしていくことができます。

既卒やフリーターの方は新卒の採用スケジュールを把握し、既卒・フリーター向けの就職サービスを活用して戦略的に就活を進めましょう。

 

【この記事を書いた人】
山岡理帆

転職サイトのWebディレクターを約5年間経験し、現在はキャリアに関するコラムを中心に執筆しているフリーライターです。
旅行とグルメが大好き。夫婦でフリーライターやってます。

 


自分らしく働ける理想の会社を見つけたい方へ
「就活を成功させたいけど、具体的に何をすればいいのかイマイチよくわからない」

「周りの友達が内定をもらい始める中、自分だけが取り残されている気がして不安」

「そもそも自分が本当にやりたい仕事がよくわからない」

そのような方におすすめなのが、プロの専任コンサルタントから履歴書・エントリーシートの書き方、面接やグループディスカッション対策などを無料で個別サポートしてもらえる就活サポートサービスです。

中でもAIによる独自のマッチングシステムと就活のプロによる丁寧なカウンセリングで91.7%の内定率を誇る『JobSpring』はおすすめです。

一人ひとりの適性を丁寧に分析して、入社後にいきいきと働けて自分の市場価値を高めることができる職場を選んでもらえるので、早期離職率が0.1%と非常に低いのも特徴です。

『JobSpring』について詳しく知りたい方はこちらをチェックしてみてください。

チェック⇒無料就活サポート『JobSpring』公式サイトはこちら

(*登録すると『03-6261-5989』という番号で『JobSpring』の担当者から折返し電話がかかってくる場合があります。)